オネエ失格の漫画がスマホで読めます!無料で立ち読みあり

MENU

オネエ失格〜ケダモノに豹変した午前3時〜

オネエ失格が、電子コミックサイトのめちゃコミックで今すぐ読めます♪

 

完全無料で立ち読みもできますので、読んでみたい人はめちゃコミックにアクセスしてみてください!

 

めちゃコミックはこちらから
(※オネエ失格はめちゃコミック以外では読む事ができません)

 

現在、オネエ失格はTL漫画部門で人気ナンバーワンの作品です。

 

読者の評価もとても高く、一度は読んでおきたい作品ですね。

 

オネエ失格のあらすじなども掲載していますので是非参考にしてみてください♪

 

オネエ失格のあらすじ

主人公のえみは親戚のお兄さんとルームシェアをしている。

 

男女でルームシェアしているえみだったが心配はいらないはずだった。

 

理由は、ルームシェアしている男性がゲイだからだ。

 

お互いに恋愛感情を抱くことはない。

 

えみは普通に男の人が好きだったが、オネエ系のルームシェア中の男性はゲイなので、お兄さんというよりお姉さんという感じが近かった。

 

それにえみは昼間普通のOLとして働き、相手の男性は夜にバーテンダーとして働く。

 

生活リズムにしてもあまり関わりがなかった。

 

2人が男女の関係になったら、身体を襲われることはない。

 

えみはあの日までそう断言できた。

 

しかし、オネエの心に隠された男性の本能が爆発する日が来てしまい。

 

『オネエ失格〜ケダモノに豹変した午前3時〜』の物語を紹介します。

 

事件が起きたのは、オネエのお兄さんが失恋で落ち込んだことが原因だった。

 

ゲイのお兄さんが好きになったのはもちろん男性。

 

それでも相手に対する思いは真剣だった。

 

お姉さんに近いオネエ系のお兄さんを慰めてあげようと、えみは簡単な飲み会を開いた。

 

2人で飲み会をして、お酒を飲んで、イヤなことは酔っぱらって慰めよう。

 

えみはそう思っていた。

 

お互いに酔っぱらい、理性のタガが外れかけてきた二人。

 

調子にのって2人はキスをしてしまう。

 

えみにとってオネエのお姉さんにするキスは男性にするものではなく、友達にフザけてする軽いキスのつもりだった。

 

しかし、オネエのお姉さんはえみにされたキスで男性としての本能が芽生えかけていた。

 

続きはめちゃコミックでお楽しみください♪

 

 

オネエ失格はこちらから

 

 

オネエ失格の配信話数

 

オネエ失格は、現在10話まで配信されています。
1話50ポイントで購入できますよ♪

 

  • 第1話 OLとオネエの同居の実態!
  • 第2話 やわらかくてきもちいい、くちびる。
  • 第3話 ダメよぉ?ノーブラ。イタズラされちゃうわよ
  • 第4話 この角度がスキ?イイ所にこすれちゃってるんだ?
  • 第5話 止められなくて…
  • 第6話 ベッドに残る淫らな思い出
  • 第7話 ヤバイ、心臓バクバクいってる
  • 第8話 イく顔見たいからこっち向いて?
  • 第9話 ゴムが足りなくなるくらいの…!?
  • 第10話 大事にしたい「女の子」だから。

 

 

オネエ失格はこちらから

 

 

 

オネエ失格他、コミック紹介

オネエ失格他、めちゃコミックで読めるTL漫画を紹介します。

 

溺れる夏と海辺の情事〜ライフセイバーは牙を剥く

 

自分の巨乳をコンプレックスに感じていた女子大生の美帆。

 

彼女は夏休みで訪れた海で、ライフセイバーの鳴海に淡い恋心を抱く。

 

大学やサービスの男性にない力強さと優しさを感じさせるイケメンライフセイバーの鳴海。

 

そんな彼に強引に求められてしまったら……

 

『溺れる夏と海辺の情事〜ライフセイバーは牙を剥く』は嫌がりながらも感じてしまうエッチな女子大生を収録しています。

 

夏休みになりサークル仲間と海に遊びに来ていた美帆。

 

彼女は、海で溺れていたところをライフセイバーである鳴海に救出される。

 

自分のことを厳しく叱りつける鳴海に反抗心も芽生えかけたが、それが鳴海の優しさだと知り、彼の事が好きになってしまう。

 

仕事とはいえ、自分のことを助けてくれた鳴海。

 

美帆は、自分を助けるときに怪我をしてしまった負い目もあって、しばらくライフセイバーの仕事を手伝うことになった。

 

仕事にも慣れ、鳴海とも楽しくおしゃべり出来るようになったある日、鳴海と美帆に事件が起こった。

 

シャワー室で2人は閉じ込められてしまったのだ。

 

2人がシャワー室にいることは誰も知らない。

 

自分が刺激的な格好をしていることに気づいた美帆。

 

巨乳である自分の身体は男からいやらしい目線で見られる原因でしかない。

 

そう思っていたけど、自分の目の前にいる意中の男性が、熱い視線を送ってくれるのを美帆は恥ずかしくもあり、嬉しくも感じていた。

 

そして、美帆に責める鳴海の力強い手。

 

力強い身体で抱きしめられると、美帆は身体の力が抜けていった。

 

秘密のカラダでイクなんて…!? ─アイツに教え込まれる快感

 

ずっと男だと思っていた自分の身体は女の子だった。

 

突然のショックで戸惑う自分の身体を……あろう事か親友に見られてしまった。

 

裏切られた……それとも気持ち悪いと思われる……

 

しかし、実際は女の身体に強い興奮を覚えられてしまった。

 

男の友情はあっけなく崩れ、親友は女の子の身体である自分に襲い掛かってきた。

 

強気だけど、友達思いの千祥とチャラくだらしがない美形の悠哉。

 

2人は性格がまったく逆なタイプなのに、なぜか気が合う親友同士。

 

お互いに親友だと認め、いつも一緒にいた。

 

そんな千祥が学校で身体の異変を感じ、倒れてしまった。

 

保健室で休んでいた千祥を心配した幼馴染の翔悟が訪ねてきた……『ある物』を持って。

 

千祥は中身を開けてみると、中から女物の下着が出てきた。

 

ふざけていると思った千祥だったが、翔悟の表情は真剣そのもの。

 

そして、彼は千祥が実は女の子の身体をしていると告げた。

 

突然のショックに信じられない千祥だったが、服を脱いで見るとそこには女の子の身体をした自分がいた。

 

魅力的なバストサイズやくびれは男の性欲を想起させるようにも見える。

 

どうして自分がこんな事に……

 

翔悟からもらった下着をつけみるが、自分の身体とは思えない違和感を感じていた。

 

そんな下着姿の千祥を親友の悠哉に見られてしまった。

 

パニックになる千祥に襲い掛かる悠哉。

 

もちろん、彼は襲いかかろうとする女の子が親友である千祥だとわかっている。

 

もう、悠哉は千祥を親友としては見れず、女の子としてしか見ることはできなくなっていた。

 

気になる方は、オネエ失格を読んだ後にでも一度覗いてみてください♪

 

 

オネエ失格はこちらから